HOME > 肩こり

症状別解説:自律神経失調症

自律神経とは

①自律神経

食べ物を消化したり体温を維持したり、呼吸や血圧を変えたり、非常に多くの場面で体を無意識にコントロールしているのが自律神経です。
これらはホメオスタシス(体を一定に保つための仕組み)の中で重要な役割を果たしています。例えば寒くなれば、自律神経のうちの交感神経が働き鳥肌を立たせて皮膚上の空気を留めるようにして体温の保持を図ります。また、食べ物を食べれば副交感神経が働き消化が促進され、食べ物の分解と栄養の吸収が図られます。これらは無意識に作用しているので分かりづらいかもしれませんが、自律神経が働かなければ生命を維持することができないというほど重要なものです。

カイロプラクティックにおいて

自律神経がうまく働かなくなり体調を崩す人が本当に多くいらっしゃいます。そういった方は精神的・肉体的ストレスにより自律神経が乱れて体をコントロールできなくなり、必要以上の血流低下(冷え、こわばり)、筋肉の過緊張(リキみ)、睡眠の質の低下(寝付けない)、気分が落ち込むなどの状態になっています。自律神経が乱れると日々の疲れを回復しきれなくなるので疲労は蓄積され肩こりや腰痛や不定愁訴として表れますが、施術を通して自律神経を改善することで寝て治れる状態へ導くことができるため、その人の自然治癒力によって自然に回復できるようになるのです。

内臓は自律神経が支配している

②交感神経

交感神経は自律神経のうちの一つです。活動用の神経として無意識に体が活動できるようコントロールしてくれています。日中にハツラツと活動するには交感神経が正しく働くことが必須です。しかしこの神経が強く働き過ぎると血圧が上がったり胃痛が起きたり気持ちが昂って眠れなくなったりし、反対に働きが弱まると気分が落ち込んだり頭がボーっとしたりします。

カイロプラクティックにおいて

臨床現場では交感神経が強く働き過ぎている方が非常に多く来院されます。その多くが不眠、ストレス、肩こりなどをお持ちです。仕事や生活のストレスにより眠れなくなり、疲れが取れずに疲労をため込んでいるようです。施術としては背骨のゆがみをアジャスト(矯正)し、交感神経の昂りを抑えていくことで自律神経がバランスよく働くようにして、自然治癒力が正しく機能するようにします。その状態でよく寝て頂く事で最大限の回復が行われ、様々な症状が自然と治っていくと考えられています。

③副交感神経

副交感神経は自律神経のうちの一つです。休息用の神経として無意識に内臓を働かせ体の回復を促すようにコントロールしてくれています。質の良い睡眠や体をリラックスさせるためには副交感神経が正しく働くことが必須です。しかしこの神経が強く働き過ぎると気だるさや気分の落ち込みが引き起こされたりし、反対に働きが弱まるとイライラしたり寝付きが悪くなったりします。

カイロプラクティックにおいて

副交感神経が強く働き過ぎてしまうと過食、過眠、気分の落ち込み、アレルギー症状、精力減退などを訴える方が多いようです。臨床現場ではそのような方も施術を重ねることにより改善される方が多いですが、なぜそうなるかについては未だに科学的な解明が待たれているところです。実験により背骨のゆがみによって交感神経機能が亢進することは分かっているため、背骨の矯正により交感神経の過敏性が解消されるという説は有名ではありますが、副交感神経の関与を証明した実験はほとんどありません。
しかし臨床では副交感神経が過剰な方が何人も症状を改善できているため、カイロプラクティック施術は交感神経や副交感神経のどちらかへの影響があるのではなく、どちらかへ過剰となった自律神経のバランスを正常範囲内におさめる(ホメオスタシスのような)効果があるのだと、当院では考えております。

自律神経が乱れる原因① 生活習慣

 自律神経が乱れると不眠、めまい、肌荒れ、重い生理痛、胃の痛みなど様々な症状が現れますが、実はそれらは急になるものではありません。日々の生活が体に長く負担をかけ続けて生み出された症状です。ではその負担になる生活とはどういうものでしょうか?
代表的なものはストレスです。正確に言えば上手にストレスを発散できないような生活です。ストレス自体は誰でも多少なり感じているものですが、それを溜め込んでしまうと自律神経を上手く調節できなくなり交感神経が強く働き過ぎて筋肉のリキみや胃酸の分泌過多、高血圧など様々な症状につながります。また、ストレス発散の手段としての過食や夜更かしでの作業も内臓や自律神経にはダメージを与えてしまうので、好きな音楽を聴く、ゆっくりとリラックスして入浴する、軽い運動をする、芸術作品に感銘を受けるなど、穏やかな精神活動になる発散方法が良いでしょう。
他にも多いのが睡眠習慣です。寝る前に仕事、スマホ、テレビなどをすると気持ちが覚醒して体がリキんだまま、脳や体を休ませるモードに切り替わらないまま眠りについてしまいます。それに「あとちょっとだけ…」とスマホなどをしているうちにいつの間にか何十分も経ってしまうことも多いので睡眠時間自体が短くなりがちです。そのような睡眠習慣では覚醒と休息の自律神経のリズムが崩れてしまうため、本来寝ている間に回復が行われる筋肉や内臓の疲労、肌のターンオーバーが十分に行われなくなり様々な不調が引き起こされます。また、睡眠不足の状態では昼に眠くなり夜に眠れないという逆の生体リズムになってしまうので自律神経が混乱してしまうのです。

自律神経が乱れる原因② 背骨のゆがみ

 カイロプラクティックの最も得意なものの一つに背骨のゆがみから来る自律神経症状が挙げられます。ほんの一例ではめまい、冷え症、婦人科系の症状、胃痛などは世界中の多くの方がカイロプラクティックによって治癒に導いています。自律神経への効果を裏付ける研究として人工的に背骨をゆがませた(分節に側方変位を作り固定した)ラットの交感神経が亢進したという有名な実験があり、それが背骨のゆがんだ人間にもそっくり当てはまると考えます。そのため悪い姿勢や慢性的なストレス、悪い生活習慣によって筋肉のリキみや関節のゆがみができてしまうと交感神経が刺激され続けて人間にも自律神経症状が表れるのです。
施術を行うことで関節のゆがみを調整(アジャスト)し交感神経への不要な刺激を抑えることで副交感神経とのバランスが取れるようになって自律神経症状がおさまっていくのです。

自律神経を整える方法① カイロケア

 カイロプラクティックでは背骨がゆがむと自律神経が乱れると考えます。そして多くの人は交感神経が過剰に優位な状態になるようです。それを調整(アジャスト)することで交感神経活動を抑えられること、人に触れられるという癒しの効果で副交感神経活動が高まるということ、これらがカイロプラクティックで自律神経を整えられる理由だと言われています。
しかし最大の効果は施術をすると深く眠れる、早く眠くなるなど睡眠の質が向上することだと当院では考えております。これはカイロプラクティックの重要な考え方にもつながります。言ってしまえば施術によって自律神経症状を治すわけではありません。良く眠り回復できるようにお手伝いすることで患者様の自然治癒力が働けるようになり、その力によって自律神経症状が治っていくのです。言い換えれば、カイロプラクティックで治すのではなく、カイロプラクティックで治れる状態にするのです。治すのはあくまで患者様自身の生命力です。そのため、それを妨げるような生活習慣がある場合はアドバイスいたします。カイロケアに加えて生活習慣に気を付けて頂ける方は驚くほどの回復をするでしょう。

営業カレンダー:目黒の整体・カイロプラクティックならIZUMIカイロプラクティック

更新情報:目黒の整体・カイロプラクティックならIZUMIカイロプラクティック

インフォメーション:目黒の整体・カイロプラクティックならIZUMIカイロプラクティック

【住所】
〒141-0021
東京都品川区上大崎3-5-1 YKビル4F
℡ 03-5791-2829

【営業時間】
平日:10時から夜9時まで
土日祝:9時から夜7時まで
定休日:月曜日
※予約制

メディア・取材協力

2014年12月号掲載!

2014年11月号掲載!

2014年10月号掲載!

雑誌Hanakoに取材を受けました! エキテンクチコミランキング1位! 目黒駅×カイロプラクティック部門第1位 白金台駅×カイロプラクティック部門第1位 不動前駅×カイロプラクティック部門第1位 2015年1月時点